逗子市 水回りのトラブル即解決!安い水道 修理・工事お任せください!

水回りのトラブル修理・工事で安くて口コミ評判も良い業者を紹介したいと思います。

・基本料金1000円
・出張とお見積りが完全0円(見積もりが高ければお断りしても無料)
・深夜でも割増料金一切ナシ!
・最短で30分現場へ駆けつけます!
・親切丁寧にご対応

水道修理センター公式ページはこちらから

[水漏れしている部分と対処の仕方]

・トイレタンク内の水漏れの場合
意外と多いタンクの不具合による水漏れ。トイレタンク内の構造は単純ですが、部品が一つ正常に機能しないだけで、水漏れの原因に繋がる可能性が高いです。例えば、トイレのレバーをもとの位置に戻したのに水が止まら
なかったり、タンクからチョロチョロと水の流れる音がしたりします。後で「水道代が高くついてしまった!」ということにならないように、トイレタンクの水漏れや、関連する「止水栓」の水漏れ対策をご紹介します。
まずは、これ以上被害を拡大させないために「止水栓」を閉めます。その後、どこから水が漏れているのか原因を突き止めていきます。多くの場合、次の可能性が高いので、順番にチェックしていきましょう。
1.「給水管から水が漏れている」
2.「浮き球が正しい位置にない」
3.「ボールタップに問題がある」
4.「オーバーフロー管に亀裂が入っている」
5.「ゴムフロートが劣化している」
〇給水管の水漏れを解消するには、専門的な知識と技術が必要です。そのため、これらの不具合(内部の劣化、錆びつき、ひび割れ)を発見した場合には、被害が大きくなる前に専門業者に依頼することをお勧めします。
〇浮き球が外れていたり、何かに引っかかっている場合は、正しい位置に戻しましょう。また、ゴムフロートが排水弁から外れている場合や引っかかっている場合も同様です。
〇ボールタップに異物が引っかかっている場合は、異物を取り除きましょう。劣化によるボールタップの交換には工具も必要になるので、水道修理業者に依頼するほうが安上がりになる場合もあります。
〇オーバーフロー管に問題がある場合、場所によっては確認しにくい部分に亀裂が入ってしまうので、気付かずに水漏れが起きていることもあります。部品のサイズなどが分かれば交換することで水漏れを解消できますが、
サイズが分からない場合は、部品の取り寄せに何日もかかる可能性があるので、業者に依頼するほうが良いでしょう。
〇ゴムフロートはトイレタンクの中にある水を便器へ流れないようにするための部品です。ホームセンターなどで販売されていますが、色々な種類があるのでどれを購入していいか分からない場合は、今まで使っていたもの
を持っていき、選んでもらいましょう。
止水栓から水漏れを起こしている原因のほとんどはパッキンの交換で解決します。ただし、パッキンを交換しても水漏れが止まらない場合は、配管に異常がありますので、業者に相談することをお勧めします。

・トイレの床(接地面)の水漏れの場合
床からの水漏れの場合、床下に原因があると大がかりな工事をしなければならない可能性も出てきます。しかし、「結露だった」など、水漏れとは全く関係ない理由で床が濡れたりすることもあるので、まずは原因を見つけることが大切ですし、原因を
見つけられれば解決策も見つかります。まずは、トイレを流してみて原因箇所を特定し、修理や対処をしていきましょう。

{結露が原因}室温と湿度が変化することによって、便器自体の温度と中にたまっている水温が影響を受け、「結露」が発生します。特に冬になると、気温が低下して便器と水温に温度差が生じ、「結露」が発生しやすくなります。
タンクの表面、便器の表面、止水栓の表面が濡れている場合は結露の可能性が高いです。トイレの窓を開けたり、換気扇を回して、温度差や湿度が生じないようにしましょう。また、発生した結露はすぐにふき取るようにし、カビが生えたり、
落ちた水滴により、床が腐食するのを防ぐようにしましょう。
{外部要因の可能性}
給水管が何らかの原因で水漏れしており、それが側面を伝って床に水たまりを作っている場合があります。見えている配管やパイプ部分を確認してみましょう。ナットなどの接続が緩んでいたり、内部のゴムパッキンが劣化している可能性が
あります。緩みを締め直したり、ゴムパッキンを交換しましょう。それから、トイレタンクからの水漏れもチェックしておきましょう。タンクから水が溢れ、床が水びたしになることもあります。タンクの正面だけでなく、下部や背面など、
なるべく全体を確認するようにましょう。
{接地面から水漏れしている}
トイレと床の接地面から水がにじんでいる場合、ウォシュレットの僅かな水漏れによって便器と床の間に水が溜まっている可能性が考えられます。また、子供がトイレをする時に便器の外にしてしまったら接地面に溜まることもあります。
しかし、拭き取っても水気がなくならない、汚れた水がにじみ出てくる、などの場合は便器とフランジ(便器と配管を接続する部分)がズレていたり、劣化している事が考えられるので工事業者に依頼しましょう。
{便器が割れている}
掃除のために熱湯を使用したり強い衝撃を与えると、便器にひびが入ったり、割れてしまいます。便器は陶器なので衝撃や熱に弱く注意が必要です。割れた状態でそのまま使用するとケガをする恐れもあるので、応急処置をしておきましょう。
応急処置をする場合は、布ガムテープを使用して下さい。便器は重いので瞬間接着剤はあまりお勧めしません。その後すぐに業者に連絡して対応してもらいましょう。
{トイレの排水管の詰まり}
排水管は床下に埋まっていることが多いので、便器と床の接続部分から水漏れしている場合、この部分が詰まりを起こしている可能性があります。排水管が詰まると、重機(パワーショベルなど)を使い地面を掘り起こして交換する工事を
行わなければなりません。さらに、排水管の長さは住宅の設計によって違うので、修理費用もそれに比例して高くなります。このような結果にならないように、普段からトイレの使用方法を理解しておきましょう。

・ウォシュレットの水漏れの場合
主に老朽化による水漏れや、メンテナンスを怠ってしまい詰まりを起こしてしまいます。
ウォシュレットの水漏れを修理する際には、二次被害を起こさないために、まずは止水栓を閉めましょう。また、感電する危険性を防ぐためプラグを抜いてから作業にあたりましょう。水漏れの起こりやすい箇所は、分岐金具や給水ホース、
トイレタンクにつながる給水タンクの接続部分です。この部分にズレやゆがみがないか、パッキンが壊れていないかを調べてみましょう。ウォシュレットの接続部分から水漏れしている場合は、大きさの合う工具で締め直し、パッキンが破損し
ている場合は、ホームセンターなどで購入して下さい。
ウォシュレットはトイレの一部ではなく、「家電製品」です。感電してしまったという事故も報告されているので、簡単だと思っても自分で修理するのはやめておいたほうが無難です。また、本体の劣化やパッキンが壊れていると判断するのも
素人では困難なので、迷ったり悩んだりせずにすぐに修理業者にお任せしましょう。

・基本料金1000円
・出張とお見積りが完全0円(見積もりが高ければお断りしても無料)
・深夜でも割増料金一切ナシ!
・最短で30分現場へ駆けつけます!
・親切丁寧にご対応

水道修理センター公式ページはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする